溶接棒の基礎知識

溶接棒の基礎知識⑥~低水素系~

みなさんこんにちは、溶接市場店長の上田です。

第6回目は「低水素系」溶接棒の基礎知識をお伝えします。

「低水素系」とは炭酸カルシウム、フッ化カルシウムが主成分となっている溶接棒です。

溶接金属中の水素量が低く、強力な脱酸作用で酸素量も少ないので、溶着金属のX線性能、機械的性質や溶接作業性が優れています。

その反面、湿気に弱いため床面や壁から10㎝以上離し、風通しの良い場所で保管する必要があります。

また使用前には300℃~350℃の高温で30分~60分しっかりと乾燥させることが必要です。(ここ重要です)

特長としては、高電流で深い溶け込みが得られるため厚板の溶接に適しています。

しかし、スタート時のアークが不安定なのでビード始点やビード継部にブローホールを生じやすいので注意が必要です。

神戸製鋼でいえば「LB-26」「LB-52」といったLBシリーズ、日鉄住金でいえば「S-16」ニッコー溶材の「LS-16」が代表的な銘柄となります。

以下にメーカーの代表銘柄、溶接用途を記載しますのでご参考にしてください。

溶接棒の基礎知識(低水素系)

 楽天ID決
済

アマゾンログイン&ペイメント

商品カテゴリ

当日出荷商品から選ぶ

CO2溶接トーチの部品を探す

TIG溶接トーチの部品を探す

溶接棒の種類から選ぶ

溶接棒の直径で選ぶ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

【営業時間】午前8時~午後6時
【定休日】土曜日・日曜日・祝日
※メール・FAXでのご注文は24時間・365日受け付けています。

店長 ブログ

 

ページトップへ