合計10,800円以上のお買い上げで送料無料
トップページ 会社概要 決済・配送・返品 商品一覧 買い物かご よくある質問
 

溶接棒の基礎知識

溶接棒の基礎知識④~ライムチタニヤ系~

みなさんこんにちは、溶接市場店長の上田です。

第4回目は「ライムチタニヤ系」溶接棒の基礎知識をお伝えします。

「ライムチタニヤ系」とは酸化チタンと石灰(ライム)、ドロマイトを被覆の主原料とした溶接棒になります。

「ライムチタニヤ系」という名前の由来は原料のライム(石灰)+チタンから来ています。

特長としては、再アーク性が優れていること(※)、低ヒュームで体に優しいこと、棒曲げ性能に優れていること(狭い場所での溶接もできます)、スパッタ発生量が少ないことがあげられます。

※再アーク性とは:①溶接を開始⇒②仮付なので短いビード長で溶接中断⇒③次の溶接箇所で溶接開始(③のアークスタートを再アークといいます)

神戸製鋼でいえば「Z-44」、日鉄住金でいえば「NS-03Hi」ニッコー溶材の「LC-3」「LC-08」が代表的な銘柄となります。

また難吸湿タイプなので、通常の保管状態では乾燥を省略できます。非常に扱いやすいのでDIY作業にもおススメです。

以下にメーカーの代表銘柄、溶接用途を記載しますのでご参考にしてください。

溶接棒の基礎知識(ライムチタニヤ系)

クレジットカード決済

アマゾンペイメント

問い合わせ

マイページログイン

FAXオーダー

Paid 掛け(後払い)対応中



1%還元

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

【営業時間】午前8時~午後5時
【定休日】土曜日・日曜日・祝日
※メール・FAXでのご注文は24時間・365日受け付けています。

ページトップへ